ここから本文です

ドイツ代表GK獲得に必要なのは“たったの”22億円 今夏争奪戦か

theWORLD(ザ・ワールド) 4月26日(火)9時10分配信

安定のドイツ産キーパー

レバークーゼンのドイツ代表GKベルント・レノを巡って今夏争奪戦が行われるかもしれない。

2018年までクラブとの契約を残すレノだが、レバークーゼンとしては放出して移籍金を得たいと考えていると独『Kicker』が伝えた。クラブが同選手に設定しているバイアウト価格は1800万ユーロ(約22億円)だ。24歳で現役ドイツ代表と考えれば、さほど高い額ではない。そのため、ブンデスリーガ2部のRBライプツィヒとプレミアリーグのトッテナムが興味を示しているようだ。

RBライプツィヒはレッドブルがスポンサーについており、来季ブンデスリーガ1部で旋風を巻き起こすことを狙っている。片やトッテナムは来季チャンピオンズリーグの舞台に向けて、実績のあるキーパーを正GKのロリスと競わせたいのかもしれない。

レノ本人がどこでプレイすることを望んでいるか定かではないが、それを差し引いて考えれば今夏買い手が見つかる可能性は高いだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時15分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]