ここから本文です

気づけば4位争いも納得? アーセナルのフランス代表FWは801分間無得点……

theWORLD(ザ・ワールド) 4月26日(火)20時0分配信

エジルというチャンスメイカーがいながら

アーセナルが調子を落としている要因の一つにはオリヴィエ・ジルーの不調があるのかもしれない。

24日、残留争いをしているサンダーランドと0-0で引き分けてしまい、優勝の可能性が消滅したアーセナル。4位をキープしているものの今の調子を考えれば、順位表の上より下が気になるところだろう。

そこで英『Mirror』が、アーセナルの不調の原因としてジルーに関するデータを明かしている。それは現在プレミアリーグで801分間ゴールがないというものだ。最後に得点を挙げたのは1月のリヴァプール戦で、14試合ゴールから遠ざかっている。これは今季のプレミアリーグでプレイするFWの中でワースト3位に入る記録だ。

いくらジルーが利他的なタイプのFWとはいえ、もう少し得点が欲しいところだろう。また、アーセナルにはエジルという世界屈指のチャンスメイカーがおり、それを考えればジルーのプレイぶりがアーセナルの不調に起因していると言っても過言ではないだろう。残りの試合で奮起を期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時14分

theWORLD(ザ・ワールド)