ここから本文です

アーセナルがバイエルンの右サイドバック獲得に興味 ベジェリン放出に向けての準備か

theWORLD(ザ・ワールド) 4月29日(金)14時40分配信

また一人スター候補が出ていく?

アーセナルがバイエルンのラフィーニャ獲得に動いているようだ。

同選手は主にラームのバックアッパーとして今季起用されている。しかしバイエルンは衰えの目立つラームに代わり、ワールドクラスの右サイドバックを探していると以前から報じられており、来季カルロ・アンチェロッティのもとでラフィーニャは完全に構想外となる可能性がある。そこにアーセナルが目を付けたと独『Sport Bild』が報じた。

同クラブは30歳のラフィーニャに対し、キャリアの最後までとなるような長期オファーを画策しているようだ。同選手のバイエルンとの契約は2017年までで移籍金もそれほど高額にはならないとみられている。

しかしすでにアーセナルにはレギュラーの右サイドバックとしてエクトル・ベジェリンが定着しており、今季も41試合に出場している。着々とワールドクラスに近づいている同選手だが、ラフィーニャ獲得に動いているということは放出の可能性もあるのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時8分

theWORLD(ザ・ワールド)