ここから本文です

ラニエリ監督、古巣に感謝止まらず ヒディンク監督「5回ほど『ありがとう』と言っていた」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月3日(火)17時6分配信

涙もしていた?

レスターのクラウディオ・ラニエリ監督が古巣に感謝していたようだ。

ついに奇跡の初優勝という夢を実現させたレスター。選手たちは優勝が決まった瞬間、エースのジェイミー・バーディの家で大騒ぎをしていたが、ラニエリ監督は飛行機の中だと事前に話していた。しかし、ラニエリ監督も大騒ぎこそしなかったものの、しっかりと優勝の喜びはかみしめていたようだ。

2位トッテナムの足止めに成功し、レスター初優勝に貢献したチェルシーのフース・ヒディンク監督は試合後、ラニエリ監督から電話があったことを明かしている。英『the guardian』がコメントを伝えた。

「試合終了のホイッスルが鳴った数分後、ラニエリから電話があった。彼は私たちに感謝していたよ。私も彼に『チャンピオンおめでとう』と言った。彼らはそれに値するし、クラブ規模を考えれば衝撃的なことだ。ラニエリが泣いていたかは直接顔を見て話していないからわからないが、彼の声は震えていたよ。5回ほど私にありがとうと言っていた。彼の感情は爆発していたね」

優勝直前になっても落ち着いた振る舞いを最後まで崩さなかったラニエリ監督。しかし自身もリーグ優勝の経験は初ということもあり、こみ上げるものもあったのかもしれない。ますます好々爺ラニエリが好きになってしまうエピソードと言えそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時44分

theWORLD(ザ・ワールド)