ここから本文です

敗退を受け入れられないビダル「アトレティコはファイナリストにふさわしくない」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月5日(木)3時40分配信

2-1と勝利したものの

4日、チャンピオンズリーグ準決勝のセカンドレグが行われ、バイエルンとアトレティコ・マドリードが対戦した。

試合は多くの時間をバイエルンが支配し、アトレティコを圧倒したもののアウェイゴール1点に泣き、敗退へと追い込まれている。この試合で出色の出来を見せたビダルは敗退したことを受け入れられないようだ。独『Sport Bild』が伝えている。

同選手は「僕らは素晴らしいプレイを見せて完璧に支配したけど、チャンスを生かせなかった。ときにフットボールは不公平だ。いつもベストのチームが勝つとは限らない。アトレティコはワンチャンスを生かしただけで彼らはファイナリストにふさわしくないよ」と悔しさを露わにした。

確かに前半は今季最高の出来とも言える試合展開で欧州屈指の守備力を持つアトレティコを相手に圧倒した。しかし、前半にPK失敗など追加点を取れなかったことがバイエルンにとって大きなターニングポイントとなっている。あそこで決めていればとバイエルンの関係者の誰もが考えていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時37分

theWORLD(ザ・ワールド)