ここから本文です

ブンデス屈指の足元を持つGKも認めるテア・シュテーゲンのテクニック「彼はヨーロッパナンバーワン」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月6日(金)18時20分配信

同じGKだからこそわかる技術

ボルシア・メンヘングラッドバッハのスイス代表GKヤン・ゾマーはバルセロナのGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンを高く評価しているようだ。

次々と優れたキーパーを輩出するブンデスリーガの中でも、有数の力を持つとされるゾマー。また、ノイアーがいることであまり注目は集まらないが、同選手は足元の技術も高く、ロングボールで起点を作るという能力にも秀でている。それについてゾマーは独『Sport Bild』で「僕はバーゼルにいたとき3番手のキーパーだったことがある。そのときは練習でも監督に必要とされないときがあったから、よくフィールドでプレイしていたんだ」と自身の足元の技術が向上した理由を明かした。

そんなゾマーでもボルシアMGの先輩でもあるテア・シュテーゲンの足元の技術は別格だと感じているようだ。ゾマーは「彼の足元の技術はヨーロッパナンバーワンだよ。彼より優れた選手は見たことがない。パスの正確さは見ていても驚くばかりだね」と話している。

現代サッカーでは後方でも攻撃の起点となるプレイが必要となってきており、それはついにキーパーにまで要求されている。その点でゾマーやテア・シュテーゲンは次代を担うキーパーといえそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時33分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]