ここから本文です

DeNA今永、7回無失点で待望のプロ初勝利「過去の自分に勝った」

ベースボールキング 5月6日(金)21時18分配信

● 広島 0 - 6 DeNA ○
<6回戦・マツダスタジアム>

 DeNAが完封リレーで3連勝。先発した新人左腕の今永が、7回無失点の好投で待望のプロ初勝利(4敗)を手にした。

 今永は小雨の影響もあり変化球の制球に苦しんだが、この日もキレのある直球を軸に2回まで5奪三振。得点圏に走者を背負っても広島打線に決定打を許さず、快調にスコアボードにゼロを並べた。この試合は3回までに打線が4点を奪取。2回の打席では、自らプロ初打点となるスクイズも決めた。

 中盤以降も毎回走者を背負う苦しい投球だったが、ピンチでの落ち着きが光りゼロ行進。7回一死一、三塁のピンチでは2番菊池を遊直、3番丸を二ゴロに抑え、降板時にはガッツポーズを見せた。

 今永は7回125球を投げ、6安打9奪三振3四球の内容。しっかりと7回を投げ切り、防御率をリーグ4位となる2.03とした。

 打線は2回、相手のミスで無死一、三塁の好機を作ると、6番白崎が左前適時打を放ち先制。広島先発・横山の暴投で2点目を加えたあと、9番今永のスクイズで3点目を奪った。5-0で迎えた8回には、復帰後3戦目の3番梶谷が、今季1号ソロをバックスクリーン横へ運びリードを6点に広げた。

 6戦目にして初白星を掴んだドラ1左腕は、「勝つことは大変。ホッとしています」と安堵の表情。初勝利の投球内容については「広島に勝ったというよりは、過去の自分に勝った。これから積み重ねていくための1勝。自分自身が借金をしているので、まずはそれを取り返して行きたいです」と、ヒーローインタビューでも新人らしからぬ堂々とした姿を見せた。

BASEBALL KING

最終更新:5月14日(土)15時20分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]