ここから本文です

BBQ人気の公園、火気使用禁止へ 不法投棄や違法駐車…トラブル多発で 野田市「マナー向上呼び掛けたが…」

千葉日報オンライン 5月7日(土)11時0分配信

 アウトドア派の間でキャンプやバーベキューを無料で楽しめる場所として人気が高まっている千葉県野田市の「市スポーツ公園」で、キャンプ、バーベキュー利用者のごみ不法投棄や違法駐車などの迷惑行為が問題になっている。同市は市内都市公園での火気使用を禁止する方針で、9月1日施行をめどに関連条例の改正案を市議会定例会に提案する。同市は「マナー向上に努めてきたが改善されず、制限の強化が必要と考えた」としている。

 市みどりと水のまちづくり課によると、同公園は利根川沿いにある総面積187ヘクタールの市営公園。遊具のあるイベント広場や野球などのスポーツに取り組める多目的広場、芝生広場などで構成され、豊かな自然に親しみながら運動できるとして市民の憩いの場になっている。

 同市内の都市公園ではバーベキューやキャンプ利用を禁止していないため口コミで広まり、園内で火をおこしたりテントを張ったりする利用者が増加。キャンプ用品の民間業者によるPRも増えた。一方、ごみの不法投棄や違法駐車、場所取りのためのテント放置など迷惑行為が横行し、利用者間のけんかなどトラブルが多発しているという。

 市はこれまでホームページなどでマナー向上を呼び掛けてきたが、問題は長期間改善されていない。市民からの苦情も多く、市は一般の利用に支障を来していると判断。「市都市公園設置及び管理に関する条例」の改正により、制限を強化することにした。

 市は条例改正案に「市長が指定する場所以外での火気使用」や「公衆の利用を妨げる行為」を禁止行為として盛り込む。同課は「火気使用の禁止により、バーベキューやキャンプ利用もなくなると考えている」と話す。改善されない場合、キャンプの禁止も追加する方針。

 9月1日施行を目指し、7月5日開会の市議会定例会で提案する。

最終更新:5月9日(月)12時52分

千葉日報オンライン