ここから本文です

シリア北部の避難民キャンプで空爆、市民28人死亡 監視団発表

AFPBB News 5月7日(土)11時54分配信

(c)AFPBB News

【5月7日 AFP】シリア北部のトルコ国境に近い場所にある避難民キャンプで5日、空爆が行われ、一般市民少なくとも28人が死亡した。英国に拠点を置く非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が発表した。

 シリア人権監視団によると、空爆を受けたのは国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系武装組織「アルヌスラ戦線(Al-Nusra Front)」が掌握しているイドリブ(Idlib)県サルマダ(Sarmada)に近い場所にある国内避難民キャンプ。

 同権監視団のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は、女性や子どもを含む市民28人が死亡し、50人が負傷したと述べた。

 一方、2週間にわたって激しい戦闘が続いたシリア第2の都市アレッポ(Aleppo)で48時間の予定で発効した停戦は維持されている。この停戦は、アレッポとその周辺での戦闘をやめさせようと強まった外交圧力にバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権と反体制派双方が折れる形で発効した。6日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:5月9日(月)10時17分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。