ここから本文です

錦織は準決勝でジョコビッチに敗退 [マドリッド/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月8日(日)5時34分配信

 スペイン・マドリッドで開催されている「ムトゥア マドリッド・オープン」(ATP1000/5月1~8日/賞金総額477万1360ユーロ/クレーコート)の男子シングルス準決勝で、第6シードの錦織圭(日清食品)は第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6 6-7(4)で敗れた。試合時間は1時間59分。

錦織、キリオスとの緊迫の戦いに貫禄勝ち「素晴らしい試合だった」 [ムトゥア マドリッド・オープン]

 錦織は2014年9月の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の準決勝以降はジョコビッチに7連敗で、通算の対戦成績は錦織から2勝8敗となった。今シーズンは1月に全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の準々決勝と3月にマイアミ(ATP1000/ハードコート)の決勝で対戦し、いずれもジョコビッチがストレートセットで勝っていた。

 錦織は今大会には4年連続5度目の出場で、これまでの最高成績は2014年の準優勝。昨年は準決勝で、アンディ・マレー(イギリス)に3-6 4-6で敗れていた。

 ジョコビッチは決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第2シードのアンディ・マレー(イギリス)と対戦する。マレーは準決勝で、第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)を7-5 6-4で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:MADRID, SPAIN - MAY 07: Novak Djokovic of Serbia shakes hands at the net after his straight sets victory against Kei Nishikori of Japan in their semi final match during day eight of the Mutua Madrid Open tennis tournament at the Caja Magica on May 07, 2016 in Madrid,Spain. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5月10日(火)21時31分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。