ここから本文です

成層圏目指すグライダー「Perlan 2」、米で試験飛行

AFPBB News 5月8日(日)12時52分配信

(c)AFPBB News

【5月8日 AFP】欧州の航空機メーカー「エアバス(Airbus)」は7日、最終的には成層圏での飛行を目指すグライダーの試験を米西部ネバタ(Nevada)州で実施した。

 試験機「Perlan 2」は、悪天候のため開始予定時刻の午後1時45分(日本時間8日午前5時45分)から2時間遅れで出発。当初は、30分から2時間の試験が予定されていたが、実際の飛行時間はわずか数分となった。チーフパイロットのジム・ペイン(Jim Payne)氏によると、同機は晴天時のほうがより能力が発揮できるという。

 試験飛行は、タホ湖(Lake Tahoe)リゾートからすぐ東に位置する山岳地帯で最近数か月にわたって行われている。グライダーの飛行性能の他、乗組員が希薄な空気や厳しい寒さといった火星と似た条件に耐えることができるかを見るのが目的だ。

 この野心的なプロジェクト「Mission Perlan 2」を支援しているエアバスは、グライダーをさまざまな速度や高度で飛行させ、圧力や振動などを調べている。

 グライダーは今回、7000フィート(2130メートル)を飛行。最終的にテストされたのは、安定性と速度、性能だけだった。(c)AFPBB News

最終更新:5月9日(月)12時37分

AFPBB News