ここから本文です

「ペップよりアンチェロッティ」「アンチェロッティならゲッツェは……」やはりペップは失敗だったのか

theWORLD(ザ・ワールド) 5月8日(日)19時30分配信

マテウス氏が言及

元バイエルンMFで現在は解説などを務めるローター・マテウス氏はバイエルンの次期監督であるカルロ・アンチェロッティを高く評価しているようだ。

先日、ジョゼップ・グアルディオラのバイエルンでのチャンピオンズリーグが終了し、俄然来季に向けて、騒がしくなってきている。アンチェロッティはグアルディオラを超えられるのかという点で興味は尽きないが、それについてマテウス氏は独『tz』のインタビューで話している。

「アンチェロッティはグアルディオラよりバイエルンにフィットするだろう。アンチェロッティはより選手にとって父のような存在となれる。若いときのユップ・ハインケスのようにね。選手を気にかけ、対話を重んじている」

また、アンチェロッティによってバイエルンでくすぶる才能が復活する可能性もあると言及した。

「例えばマリオ・ゲッツェだ。アンチェロッティならグアルディオラとは異なる対応をするだろう。ゲッツェはアトレティコ戦で石のように固まり、ベンチに座っていた。それなのに誰も気にかけない。アンチェロッティならそんなことは起きないだろう。彼はすべての選手とよく話すからね」

実際アンチェロッティは過去に多くのビッグクラブでスター選手を指導しているのにも関わらず、同氏に対する不満を漏らす選手はほとんどいない。選手との関わり方という点で世界でもトップクラスであり、前任者には欠けていた調和をバイエルンにもたらすことだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時23分

theWORLD(ザ・ワールド)