ここから本文です

ブンデスリーガで涙の別れ……ホームラストゲームを白星で飾れず

theWORLD(ザ・ワールド) 5月8日(日)22時30分配信

王者バイエルンと互角に渡り合うも

バイエルンの4連覇が決まった一方で感動の別れもあったようだ。

7日、ブンデスリーガ第33節が行われ、インゴルシュタットとバイエルンが対戦した。この試合にバイエルンが2-1と勝利したため、バイエルンはブンデスリーガ史上初となる4連覇を達成している。

しかし、ホーム最終戦で敗れたインゴルシュタットにも話題があったと独『Sport1』が伝えている。

先日、指揮官のラルフ・ハーゼンヒュットル監督が今季の躍進を認められ、来季からRBライプツィヒの監督に就任することが決まった。そのため、同監督にとってもこの試合がホームでのラストマッチになっている。試合後の記者会見で同監督は「ちゃんと別れを言うためにまたいつかここに来たい。ここで過ごした時間はそう簡単に忘れられるものじゃないからね」と涙ながらに語った

王者バイエルン相手にホームで互角に渡り合ったインゴルシュタット。昇格組でありながら、早いうちに残留争いから抜け出し、素晴らしいサッカーを展開したハーゼンヒュットル監督のインゴルシュタットに拍手を送りたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時22分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。