ここから本文です

国際宇宙ステーションから眺めた台湾・台北の夜景 宇宙飛行士が撮影

中央社フォーカス台湾 5月9日(月)15時30分配信

(台北 9日 中央社)国際宇宙ステーションから台北の夜景を捉えた写真が9日、短文投稿サイト「ツイッター」上に投稿された。写真を掲載したのは、宇宙ステーションに勤務する米国人宇宙飛行士のティム・コプラさん。この投稿には「素敵な写真。シェアしてくれてありがとう」「素晴らしい」など称賛のコメントが多く寄せられている。

写真上では、ライトできらめく台北中心部の中に、街を四方に流れる真っ暗な淡水河が浮かび上がっているように見え、台北の地形がはっきりと映し出されている。文章中には、発言をグループ化できる「ハッシュタグ」として「#Taipei」や「#Taiwan」のキーワードが追加されている。

台湾のユーザーからは「私の故郷が見える」「台湾へようこそ」などのコメントが届けられている。

9日午後3時現在、投稿のリツイート数は500回以上に上っている。米航空宇宙局(NASA)の公式アカウントにもリツイートされた。

(編集:名切千絵)

最終更新:5月9日(月)15時30分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。