ここから本文です

ろくでなし子「デコまんはポップアートとして認められた」歴史的な“一部無罪”判決にコメント

ログミー 5月9日(月)16時22分配信

2016年5月9日、女性器を型どったアート作品を都内アダルトショップに陳列し、「わいせつ」な電磁的記録を4名に頒布したとして罪に問われている、漫画家の五十嵐恵被告(ペンネーム:ろくでなし子)の第一審判決後説明会が開かれました。東京地裁により罰金40万円の判決が言い渡された、ろくでなし子氏の会見を書き起こしでお伝えします。

歴史的な「一部無罪」の判決

山口貴士氏:まず最初に、ここにいらっしゃる方々はご存知でないかもしれませんけれども、今回の判決は「一部無罪」の判決でした。

大手各社の報道を見るに、「罰金」と書いてあると思うんですけれども、一部無罪というのは175条の事案において非常に珍しいと。

関係する限りにおいては、ひょっとしたら「愛のコリーダ事件」以来の、30年ぶりくらいかもわからないということで、非常に歴史的な価値の高い判決ではないかと考えておりますので、報道される際にはその旨も報道いただいたほうが、より多くの視聴者も集まるのではないかと思いますし、国民の知る権利にも奉仕することができるのではないかと思います。

単に「罰金刑」と書くだけでは、ここに来る必要もないと思いますので、その点をご留意いただければと思います。

3Dデータの頒布は有罪、デコまんは無罪

の部分が有罪かということなんですけど、3Dデータを頒布した件。いわゆるクラウドファンディングでお金をくれた人に対して、3Dデータをメールで送ったという件と、画廊でCD-Rに入れた3Dデータを渡したという件については有罪ということです。

これに対して、女性器を樹脂で型どって、石こうを流し込んで固めたものに、着色とかデコレーションをほどこした、いわゆる「デコまん」と言われるアート作品については、すべて無罪というのが裁判所の結論でした。検察官の求刑は「罰金80万円」で、それに対する判決は「罰金40万」と。

なお、一部無罪になった部分については、なし子さんの単独犯ということではなく、北原みのりと共謀してやったことになっているので、北原さんのほうは略式命令で罰金刑が確定していますので、ここでは判決の結論が分かれたということになります。じゃあ、須見先生。

須見健矢氏:主任弁護人の須見です。本日はお集まりいただきありがとうございます。これまで8回公判を開きまして、多くの傍聴人の方に来ていただいて、大変関心をもっていただいて、応援してくれる方もたくさんいらして、今日「一部無罪」という結論ではあったんですけど、最低限の結果が出たかなと思っています。

データの頒布については、残念ながら有罪となってしまいましたが、先ほどまた控訴をしてまいりました。これからまた控訴審で無罪を目指して戦っていく所存ですので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

1/2ページ

最終更新:5月9日(月)16時22分

ログミー

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。