ここから本文です

「漫画をより身近に」新時代のコンテンツ漫画家・山科ティナの挑戦

SENSORS 5月9日(月)16時0分配信

メディアをとりまく環境の変化によって、漫画表現はどう進化していくのか。次世代の漫画家として注目を浴びつつある、山科ティナさん。Web媒体やTwitterを通して作品を発表する中で感じている、今の時代に受け入れられる“漫画像“を探る。

漫画家としてデビューしたのは紙媒体。高校1年生の時に集英社に持ち込んだ漫画が『別冊マーガレット』に掲載され、16歳でのデビューということもあり反響を呼んだ。

現在はLINE 谷口マサトさんと手掛けた広告マンガ『プレゼントハラスメント』や『どうしてパパは、カメムシになったの?』は100万人以上に読まれ、Twitterでは「#4スラマンガ」という新しい表現に挑戦しているなど、新時代のコンテンツ漫画家として活躍する山科ティナさん。

150万人に届いた広告漫画「プレゼントハラスメント」の魅力

山科さんが手掛けた広告漫画の中でも特に話題になったのが、LINEギフトとコラボした『プレゼントハラスメント』だ。プレゼントハラスメントをともに手掛けたLINE広告企画の谷口マサト氏とは、『9人のクリエイターが作った「自由すぎる年賀状」』のクリエイター募集を通じて知り合い、その後はローソンとコラボした『自由すぎる「おにぎりLINEスタンプ」を6人のクリエイターに作ってもらった』などを手がけている。


--自分の漫画が150万人に読まれた時はどういう気持ちでしたか?

山科:あんまり数字に実感はなかったです(笑)。ただ、漫画が載っていたのがLINEアプリ内のフリーコインコーナーで、そこに直接感想を書くところはないのに、わざわざTwitterでコメントをしてくれた人が多くて嬉しかったですね。「広告だと気づかずにビックリ」「プレハラを自分もやっちゃっていた」など、感想の種類も幅広かったです。


今年の3月には新作『どうしてパパはカメムシになったの?』も公開され、公開後わずか半日で100万人に読まれた。こちらは親子愛がテーマで、亡くなったはずのパパがカメムシの姿で娘の成長を見守る話だ。クライアントはライフネット生命保険だ。


--作品づくりのインスピレーションはどういったところから得ていますか?

山科:『どうしてパパはカメムシになったの?』もそうなんですが、やはり感情を描くことが多いので、自分の思ったことはその都度メモしたり、アイデア出しの時は感情を何かに例えることを意識してやっています。

--こういった広告漫画はどのようなプロセスでつくられるのですか?

山科:広告漫画をつくる流れとしては、まずクライアントまたは制作会社さんから企画を頂き、クライアントの方の要望をおさえてから、自分の案を加え打ち合わせしながら最終的に企画を決定させます。そこからようやく漫画制作に入るのですが、脚本やプロットを具体的に練っていき、ここで大きくクライアントチェックが入ります。そしてネーム、再びチェック。作画完了した初校、最後のチェックで、完成していきます。 通常の漫画制作よりも確認作業が多いですね。

それまでの“説明的な広告漫画“だと、ウェブでは読まれにくいので、漫画として面白いものを作らなければいけないというプレッシャーを感じつつも、ある程度自由に作家性を発揮できるので楽しく作れました。最初に広告として気をつけるポイントを意識して守っていれば、あとは普通に漫画を描くのとそこまで変わらないんじゃないかと思います。

--紙とウェブで表現する際に異なる点はありますか?

山科:ウェブだとクリックされなければ意味がないので、漫画のタイトルやアイキャッチでいかに読者の興味を惹けるかに気をつけています。タイトルは、以前紙媒体で描いていた読みきりに比べて何度も直しますし、アイキャッチの絵は拡散された時に漫画記事の顔となるので、SNSで流れた時に“パッと見で気になるかどうか““内容をどれだけネタバレさせるか“を意識して書き直しもしました。

1/3ページ

最終更新:5月9日(月)16時0分

SENSORS