ここから本文です

開放されたジャーナリスト3人、スペインに帰国

AFPBB News 5月9日(月)8時39分配信

(c)AFPBB News

【5月9日 AFP】シリア北部で約10か月前に何者かに拉致され、行方不明になっていた3人のスペイン人ジャーナリストが7日、解放され、翌8日にスペイン・マドリード(Madrid)郊外の空軍基地に到着した。

 政府の発表によると、解放されたのはホセ・マヌエル・ロペス(Jose Manuel Lopez)氏、アントニオ・パンプリエガ(Antonio Pampliega)氏、アンヘル・サストレ(Angel Sastre)氏。さまざまなスペインメディアのために取材活動をしていた3人は昨年7月、戦闘の取材に当たっていたシリア北西部のアレッポ(Aleppo)で目撃されたのを最後に行方不明になっていた。(c)AFPBB News

最終更新:5月9日(月)11時22分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。