ここから本文です

口を利かない我が子…反抗的な態度に親はどう対応する?

ベネッセ 教育情報サイト 5月9日(月)12時0分配信

反抗期は成長の過程です。反抗には特に大きな理由がないことも。漠然と「親の存在が気に入らない」という場合もあります。子どもの反抗期に向き合うときに大切なのは、まず「理由がある反抗か、ない反抗か」を見極めること。反抗期の子どもに対して、保護者はどう対応すればいいのでしょうか。

「なんとなく親が気に入らない」という反抗の場合は

思春期は、何もなくてもイライラする時期です。それは気持ちに対して身体や結果がついてこないことに対するものであったり、自分自身の限界を知るものであったり。さまざまな現実を知りながら成長している証でもあります。また、ホルモンの分泌により気持ちが落ち着かないこともあります。こんなときの親に対する反抗的な態度はちょっとした八つ当たりにも近く、そのときに保護者が叱っても口出ししても、なんの改善効果もありません。

保護者に対するよくない態度があったとしても、保護者は普段と別に変わりない態度で過ごしましょう。過剰に反応すれば、ますます態度が悪化する可能性もあります。塾の送り迎え、朝起きにくそうであれば声をかけるなどのことも含め、今までやってあげていたことは、きちんとやってあげてください。

とはいえ、必要以上にやってあげる必要はありません。ご機嫌を取る必要は一切ないのです。先回りして困らないようにしてあげる必要もありません。何かあれば子どもからきちんとお願いしてくるよう、そこは黙って心だけで待機していましょう。子どもから言い出せないまま、自分でやってみたら案外できた、ということも増えてくるものです。

無視なら無視で対抗は絶対にだめ

反抗に対し保護者がやっきになって対応すると、子どもはその干渉に対して腹を立てたり、さらに反抗心を募らせてしまったりすることが多いものです。子どもが口を利かないから自分も無視…ではただのケンカ。伝えるべきことは伝えるようにしましょう。

もし話をしようとすると去ってしまうようであれば、メールを送ったり、本人にわかるところにメモを貼っておいたりして、情報だけは伝えておくようにします。どう処理するかは本人に任せてみてください。

1/2ページ

最終更新:5月9日(月)12時0分

ベネッセ 教育情報サイト