ここから本文です

憲法学者が異例の立候補を表明 手書きの宣言、公募は「空に声かける」

BuzzFeed Japan 5月9日(月)21時3分配信

5月9日付朝日新聞朝刊に「『安保法制は違憲』の憲法学者 参院選候補擁立へ政治団体」というニュースが掲載された。【石戸諭 / BuzzFeed Japan】

報じられた憲法学者は小林節・慶応大名誉教授、67歳。

改憲派であり、自民党に近い論客として長らくテレビなどで活躍した。しかし、昨夏の安保法を巡る議論では、明確に「違憲」と自民党に反対し、注目を集めた。安倍政権の政策には野党の主張に近い論理で、反対に回っている。同時に自衛隊は「合憲」で、改憲が必要だという立場は変えていない。

その小林氏が自ら参院選に出るという。それも既存の政党からではなく、自ら政治団体を立ち上げて。その理由はなにか。

朝日新聞朝刊での報道があった9日午後、千代田区の日本記者クラブで記者会見が開かれた。

会場では、小林氏が参院選に向けて立ち上げた政治団体「国民怒りの声」の設立宣言が配布された。A4用紙3枚で、全て手書き。丸みを帯びた独特の筆跡で書かれていた。

手書きの設立宣言「ここに第三の旗を立てる」

午後1時54分、会見の定刻6分前。記者会見場に設置された椅子に小林氏が座った。集まった報道陣から一斉にフラッシュを浴びる。数十人が取材に詰めかけ、椅子に座れない記者も多かった。注目度は高い。

濃紺のスーツ、白いシャツに薄い紫のネクタイ、胸元には白いチーフ。マイクの位置を気にしながら、写真撮影に応じる。

定刻に会見は始まった。冒頭、「時間が許すかぎり、いかなる質問にも答えます」と宣言。次に、設立宣言を5分50秒かけて淡々と読み上げた。

「(安倍政権は)政府自身が公然と憲法を破ったことになる。これが立憲主義の危機である」
「民主党政権の失政を赦すことができず、また共産党に投票する気にもなれない多数の有権者の代弁者たらんとして、ここに第三の旗を立てることにした」

立候補した理由は、安倍政権を中心とした改憲派による憲法改正阻止だ。では、具体的には、どのような政策を訴えるのか。

1/3ページ

最終更新:5月9日(月)21時3分

BuzzFeed Japan