ここから本文です

ヴィクトリア・ベッカム、スパイスガールズ時代は口パクだった!

ELLE ONLINE 5月9日(月)20時31分配信

スパイスガールズ時代、ソロパートがほとんどなかったヴィクトリア・ベッカム。歌が下手なのでは? という噂も流れていたけれど、ここにきて衝撃の事実が明らかに。ヴィクトリア自身が最近出席したイベントで「スタッフはよく私のマイクをオフにして、他のメンバーに全部歌わせていたわ」と暴露したそう!

とはいえ、ステージでは目立っていたヴィクトリア。衣装代はメンバーのなかで一番かかっていたそう。「私が一番ファッションを愛していたわ。みんなの衣装はタダでもらったゴミみたいなものばかりだったの。そのぶん私の衣装に予算を注ぎ込んで、『グッチ』のドレスを着せてもらえた」とか。さらに「メンバーのなかで一番慎重だったのも私。みんながテーブルに乗って飛び跳ねて遊んでいるとき、私はテーブルが壊れないかどうか心配してた」とも!

再結成の可能性が報じられるたびに「ヴィクトリアが賛成しないから実現しない」という証言が出てきたり、他のメンバーが「ヴィクトリアはビッチ」と発言したりと、不仲の噂も流れるスパイスガールズ。今回の発言を聞くと、あながち噂だけではないのかも。他のメンバーの衣装がゴミみたいって……!(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:5月9日(月)20時31分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。