ここから本文です

トミックが試合開始後10分で棄権負け [ローマ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月9日(月)11時27分配信

 イタリア・ローマで開催されている「BNLイタリア国際」(ATP1000/5月8~15日/374万8925ユーロ/クレーコート)。

トミックとキリオスがオーストラリア五輪委員会からふるまいについて警告を受ける

 日曜日に行われた1回戦で、バーナード・トミック(オーストラリア)がブノワ・ペール(フランス)との試合を病気のため開始後10分ほどで棄権して敗退した。第1セットをペールが2-1とした時点での棄権だった。

「昨夜はずっと体調が悪かった」とトミック。「暑さの中でプレーできなかった。体調がすごく悪くなって、倒れてしまいそうだった。自分としては棄権するのが一番だと思った」。

 トミックは前週のマドリッドの大会のファビオ・フォニーニ(イタリア)との試合で、マッチポイントでラケットを逆さに構えてボールがコートに落ちるのを見ていただけで、試合を捨てたような態度をとったことがオーストラリアで広く批判に晒されている。

 ペールの2回戦の相手は第4シードのスタン・ワウリンカ(スイス)だ。

 そのほかの試合では、第12シードのダビド・ゴファン(ベルギー)がレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)を2-6 7-6(8) 6-3で、第16シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)がフェリシアーノ・ロペス(スペイン)を 6-4 7-6(5)で、フアン・モナコ(アルゼンチン)がスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を6-4 6-4で、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)がサム・クエリー(アメリカ)を6-4 6-4で、ビクトル・トロイツキ(セルビア)はティムラズ・ガバシュビリ(ロシア)を6-4 6-1でそれぞれ下して2回戦に進んでいる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: MADRID, SPAIN - MAY 03: Bernard Tomic of Australia shows his dejection against Fabio Fognini of Italy in their first round match during day four of the Mutua Madrid Open tennis tournament at the Caja Magica on May 03, 2016 in Madrid,Spain. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5月9日(月)11時27分

THE TENNIS DAILY