ここから本文です

仏シャンゼリゼ通り、歩行者天国に 大気汚染対策で

AFPBB News 5月9日(月)10時40分配信

(c)AFPBB News

【5月9日 AFP】フランスの首都パリ(Paris)で8日、大気汚染対策の一環として、同市で最も有名な大通りであるシャンゼリゼ(Champs-Elysees)通りを月1回歩行者天国とする試みが始まった。

 凱旋門(Arc de Triomph)まで続く全長2キロのシャンゼリゼ通りは、毎月の第1日曜日が歩行者天国となる。初日となる8日は天気にも恵まれ、通りは路上を散策する人や自転車に乗る人、カメラで「セルフィー(自撮り写真)」を撮る人たちで賑わった。パリ市民や旅行者からは、歩行者天国は大成功だと歓迎する声が上がっている。

 パリの大気汚染は時に、中国の北京(Beijing)や上海(Shangha)といった大気汚染都市に匹敵するほど深刻なレベルに達することもある。(c)AFPBB News

最終更新:5月9日(月)10時40分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。