ここから本文です

“非公式”伝記で知るカーダシアン・ファミリー7つの新事実

ELLE ONLINE 5月9日(月)20時37分配信

たとえば、キム・カーダシアンの妹のクロエを、最初にクラブに忍び込ませたのがパリス・ヒルトンだったなんて、知ってた? このエピソード以外にも、カーダシアン・ファミリーについての7つの重大(!?)な事実をご紹介。

ジャーナリストのイアン・ハルパリンが、カーダシアン・ファミリーを題材にした新作『Kardashian Dynasty』を出版。そのなかで、この10年間のうちに、一家がどのようにして一大帝国を築いたかを解き明かそうとしている。彼らについての本やインタビューに加え、友人や元使用人に接触して情報を収集。それを基に、有名になりたい一心の目立ちたがり屋として名を馳せるカーダシアン・ファミリーを徹底的に掘り下げた。リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』を1エピソードでも見たことがあれば、それほど驚かないかもしれないけれど、本当に衝撃的な事実をいくつも暴露!

その1

カーダシアン家の先祖はごみ収集人
キムの父であるロバート・カーダシアンの祖父、タトス・カーダシアンは、1910年代に“小規模のゴミ収集ビジネス”を起業。ハルパリンによれば、その事業でひと財産を築いたとのこと。

その2

キムの母クリス・ジェンナーがロバート・カーダシアンと出会ったとき、彼女は“OH SHIT”(くそったれ!)と書かれたネックレスをつけていた。
ロバートは、「君の名前はジャネット?」と尋ねて、ナンパしてきたとか。

その3

O・J・シンプソンは、クリスとロバートの結婚式で、花婿のグルームズマンを務めた
ちなみに、リングベアラーは、白いフォード・ブロンコを運転し、警察とあの悪名高いカーチェイスを繰り広げたアル・カウリングズ。

その4

クリスと彼女の2番目の夫ケイトリン(旧名ブルース)・ジェンナーは、かつて2人とも、エルヴィス・プレスリーにまつわる人物と結婚していたことがある
クリスがロバートとの将来を決めかねていた頃、ロバートはエルヴィスの元妻プリシラに言い寄っていた。さらにケイトリンはクリスに出会う前、エルヴィスの元恋人だったリンダ・トンプソンと結婚していた。リンダによると、1976年、オリンピック選手だったケイトリンをテレビで見たエルヴィスは、“彼女”をハンサムだと思っていたらしい。

1/2ページ

最終更新:5月9日(月)20時37分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。