ここから本文です

連日「梅小路」最終日以上 京都鉄道博物館、GWに多数の来館者

乗りものニュース 5月9日(月)17時12分配信

ピークは5月4日の1万7200人

 JR西日本は2016年5月9日(月)、「京都鉄道博物館」にゴールデンウイーク期間中の10日間で11万1500人が来館したと発表しました。

 この4月29日(金・祝)にグランドオープンしたばかりの「京都鉄道博物館」。開館初日には1万4300人が、そして5月4日(水・祝)には、GW期間中で最も多い1万7200人が来館しています。

「京都鉄道博物館」は、「梅小路蒸気機関車館」(2015年閉館、京都市)と「交通科学博物館」(2014年閉館、大阪市)を統合・リニューアルする形でオープン。先述の開館初日、5月4日(水・祝)など、来館者数が「梅小路蒸気機関車館」の営業最終日(2015年8月30日)における1万1206人と同等かそれ以上の日が10日間中、6日もありました。

「京都鉄道博物館」では窓口に並ばずに入場できる前売入場券(一般1200円)や「京都水族館」とのセット入場券(大人2930円)を全国のセブン‐イレブンや駅の「みどりの窓口」で発売しています。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月9日(月)17時23分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]