ここから本文です

秋田史帆と鮎川真奈が本戦入り [福岡/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月9日(月)17時12分配信

「福岡国際女子テニス」(福岡県・博多の森テニス競技場/本戦5月10日~15日/賞金総額5万ドル/砂入り人工芝コート)の予選2日目は、シングルス予選決勝とダブルス予選が行われた。

全日本女王の桑田寛子がワン・チャンをフルセットで倒して優勝 [カンガルーカップ国際女子]

 シングルスは第5シードの秋田史帆(北島水産)、第7シードの鮎川真奈(橋本総業ホールディングス)、第8シードのリー・ペイチー(台湾)、リゼッテ・カブレラ(オーストラリア)の4人が予選突破を果たした。

 ダブルスは宮村美紀(フリー)/奥野彩加(Club MASA)とユキ クリスティーナ・チャン(アメリカ)/西郷幸奈(総武グリーンテニスクラブ)が本戦入りを決めている。

 5月10日(火)から本戦がスタートする。本戦初日は10時00分から、シングルス1回戦8試合とダブルス1回戦4試合が予定されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

【シングルス予選決勝】

○3リゼッテ・カブレラ(オーストラリア)2-6 7-5 6-3 ●5久見香奈恵(橋本総業ホールディングス)

○16リー・ペイチー(台湾)[8] 6-3 6-3 ●10小関みちか(フリー)

○24秋田史帆(北島水産)[5] 6-3 6-0 ●17オリビア・チャンドラムリア(オーストラリア)[3]

○32鮎川真奈(橋本総業ホールディングス)[7] 2-6 6-3 6-1 ●27山外涼月(Club MASA)

--------------------

【ダブルス予選】

○1宮村美紀/奥野彩加(フリー/Club MASA)[1] 6-3 6-4 ●2草野京香/松本妃那(柳川高等学校)[WC]

○3ユキ クリスティーナ・チャン/西郷幸奈(アメリカ/総武グリーンテニスクラブ)[2] 1-6 6-1 [10-8] ●4岡村恭香/オリビア・チャンドラムリア(ストライプインターナショナル/オーストラリア)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5月9日(月)17時24分

THE TENNIS DAILY