ここから本文です

【MLB】5回3失点の岩隈に米紙「まあまあの内容」 相手の積極性&スピードに苦戦

Full-Count 5月9日(月)9時30分配信

今季4敗目、波に乗り切れない岩隈

 8日(日本時間9日)のアストロズ戦で今季4敗目を喫したマリナーズ岩隈久志投手だが、地元紙シアトルタイムス電子版では、5回7安打8奪三振2四球3失点の内容に「まあまあの内容だった」と手厳しかった。

 この日、岩隈が苦戦した理由の1つとして「出塁した時に見せたアストロズのスピードと積極性」を指摘。アストロズは、3回にアルトゥーベが立て続けに二盗、三盗を決め、さらに四球で出塁したコレアも二盗。そこからラスマスのセーフティースクイズで得点を決めている。記事では「岩隈のセットポジションからの投球動作の遅さと(捕手だった)クレベンジャーの送球の遅さをアストロズがうまく利用した」とレポートしている。

 記事によると、岩隈はこの日の投球について「全体的には速球に力はあった。ただ、球数を多く投げさせられてしまった。少なくとも6回は投げたかったが、投げることができませんでした」と通訳を介してコメントしている。

 チームは地区首位をキープしているが、岩隈はここまで1勝4敗と黒星が先行し、防御率も4.19と波に乗りきれない様子。次回こそはスッキリとした勝利を飾りたい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月9日(月)9時30分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]