ここから本文です

これぞ持ってる男か 10代で3つのリーグタイトルを獲得したフランス産ラッキーボーイ

theWORLD(ザ・ワールド) 5月9日(月)13時40分配信

EURO2016にも運を持ち込んでくれるのではと期待集まる

タイトルに恵まれるのは強運なのか実力なのか、バイエルンFWキングスレイ・コマンがとんでもないキャリアを送っている。

コマンは19歳ながらフランス代表にも選出されているアタッカーで、バイエルンでもジョゼップ・グアルディオラの信頼を得て出場機会を増やしていた。そんなコマンは、プロデビュー以来1度もタイトルを逃したシーズンがない。2012年冬にPSGでデビューを果たすと、2012-13、2013-14シーズンと連続でリーグ・アン制覇を経験。さらに国内カップ制覇も経験し、デビューからタイトルに囲まれるシーズンを過ごした。出場機会はほとんどなかったものの、経歴だけは非常に派手なスタートとなった。

さらにコマンのタイトル獲得人生は続き、2014-15シーズンにはユヴェントスに移籍してセリエAを制覇。コマン自身も20試合に出場し、セリエAの他にもコッパ・イタリア制覇やスーペルコッパ・イタリアーナ獲得に貢献した。

そして今季からプレイするバイエルンでは全33試合に出場して6得点をマーク。まだ国内カップの行方は分からないが、ブンデスリーガ制覇はすでに決めている。伊『Gazzetta dello Sport』は19歳ながらすでに3つの異なるリーグで優勝を経験している経歴に驚いており、この強運がEURO2016に臨むフランス代表にも良い影響を与えるのではないかと期待している。

10代でこれだけのタイトルに恵まれるのも珍しいが、コマンは母国開催のEUROで優勝を狙うフランス代表にもタイトルをもたらせるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月9日(月)13時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。