ここから本文です

復活のベン・アルファ クラブ会長が交渉を認め、バルセロナ移籍の可能性高まる

theWORLD(ザ・ワールド) 5月9日(月)17時2分配信

「バルセロナを断るのは難しい」

ニースに所属するMFハテム・ベン・アルファにバルセロナ移籍の可能性が浮上しているようだ。

キャリアの下降線を辿っていると思われたベン・アルファは今フランスの地で見事な復活を果たしている。今季はリーグ・アンで32試合に出場し、17ゴール5アシストという活躍を見せており、多くのビッグクラブも注目している模様。それには同選手とクラブとの契約が今季末で切れることも大きく起因している。

移籍の可能性についてはニースのジャン・ピエール・リヴェル会長も言及している。英『sky SPORTS』がコメントを伝えた。

「彼にとってもニースにとっても移籍が実現すれば幸せだ。バルセロナを断ることは難しいが、決めるのは彼自身だ。もし私が選手で、バルセロナからオファーがあれば、迷うことなく移籍するだろう。しかしそれはまだ決まったことではない」

29歳のベン・アルファにとって最後の栄転のチャンス。バルセロナには素晴らしい“クラック”が多くいるだけに出場機会を得るのも容易ではないが、夢のクラブへ向かう可能性は高いといえそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時21分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。