ここから本文です

名良橋晃の定点観測♯20「W杯アジア最終予選はきれいごとでは勝ち抜けない。現状では楽観できない」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月9日(月)18時38分配信

長丁場の最終予選では経験豊富な選手が必要

ロシアW杯アジア最終予選の組分けが決定し、日本代表はオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイと同組となりました。U-23代表のリオ五輪最終予選はセントラル方式で開催され、良いリズムのまま一体感を持って短期間を戦い抜くことができました。対して、9月1日からスタートする最終予選は1年という長いスパンで行なわれます。主力にケガ人が出たり、コンディションが整っていない状況で迎える試合があるかもしれません。良い時期があれば、悪い時期もあるでしょう。

私は1997年にフランスW杯のアジア最終予選を経験しましたが、やはり苦しい時期がありました。そのときに効果的だったのが、ゴンさん(中山雅史)や高木(琢也)さんといった経験豊富な選手たちの合流でした。チーム状況に応じて、ひとりひとりがどうしなければならないか? なにをしなければならないか? 経験豊富な選手たちはチームを良い方向へ導く術を熟知しています。

97年の最終予選は初戦のウズベキスタン戦に6-3で勝利して好スタートを切りましたが、3戦目の韓国戦に敗れ、続くカザフスタン戦に引き分けた時点で加茂周監督が更迭となりました。W杯予選はみんなが国の威信をかけて戦っていて、とくに最終予選は簡単に勝てる試合はありません。長距離移動もあるし、気候も違います。いまの日本代表は質の高い選手が多く、普段どおりの力を発揮すれば勝てるかもしれませんが、普段どおりの力を発揮できないのが最終予選です。

本田圭佑などすでに経験がある選手たちは難しさを理解しており、警鐘を鳴らす発言をしています。対戦相手を考えると、厳しい戦いを強いられるのは間違いありません。オーストラリアのようにパワーで押してくる相手は戦い辛いし、サウジアラビアは2010年南アフリカW杯のときにオランダを準優勝に導いたファンマルバイク監督が率いています。グループリーグで日本も対戦し、敗れています。また、UAEにも15年アジアカップでPK戦のすえに敗れています。リベンジしなければならない相手ですが、サウジアラビア、UAEといった中東勢とのアウェイゲームは本当になにが起こるかわかりません。

イラク、タイも「日本を倒してやろう」という強い気持ちで挑んできます。繰り返しになりますが、間違いなく難しい最終予選になります。だからこそ、ハリルホジッチ監督には大久保嘉人、中村憲剛など経験豊富な選手の招集を考えてほしいです。

また同時に、新戦力の力も必要です。エイバル(スペイン)で結果を残している乾貴士がなぜ呼ばれないのか不思議だし、サイドバックの選手層の薄さを考えるとフィテッセ(オランダ)の太田宏介ももう一度呼ぶべき選手だと思います。Jリーグでは横浜FMの齋藤学が良いプレイを見せています。長丁場の最終予選を戦い抜くためには、こうした経験豊富な選手たち、新たな選手たちの力が必ず必要になってきます。

1/2ページ

最終更新:5月9日(月)18時38分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。