ここから本文です

来季のリーグ制覇を狙うトッテナム バルサ復帰が噂されるデニス・スアレスに関心

theWORLD(ザ・ワールド) 5月9日(月)20時40分配信

アンフィールドにスカウトを派遣

今シーズン、レスター・シティと優勝争いを繰り広げ、惜しくもプレミアリーグ初制覇を逃したトッテナムは、スペイン期待の若手MFデニス・スアレスに関心を示している。

トッテナムは5日、アンフィールドで行われたUEFAヨーロッパリーグ準決勝2ndレグ、リヴァプールとビジャレアルの一戦にスカウトマンのポール・ミッチェル氏を派遣したと英『The Sun』が伝えている。同紙はポール・ミッチェル氏がビジャレアルで活躍するデニス・スアレスを視察したと報じており、この攻撃的MFならマウリシオ・ポチェッティーノ監督が思考する前線のどのポジションでも遜色なくプレイできると見込んで、獲得に向け動き出すという。

デニス・スアレスはスペインで将来を有望視される22歳。元はバルセロナBに所属し、2014-15シーズンにはローン移籍したセビージャでUEFAヨーロッパリーグ優勝に貢献。今季は出場機会を求めてビジャレアルに移籍すると、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督に信頼され、32試合に出場し4得点を記録する。

その活躍ぶりからこの夏には保有権を持つバルセロナが、デニス・スアレスを買い戻すと噂されている。2011年から2013年にはマンチェスター・シティの下部組織でプレイした経験を持つが、バルセロナではなく再びイングランドに戻ることになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月9日(月)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)