ここから本文です

岡崎にライバルが現れるのは確実! 今夏レスターの最低目標は各ポジションに新戦力を1人ずつ獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 5月9日(月)22時50分配信

岡崎はポジションを守れるか

今季はジェイミー・バーディと2トップを組んでチームのリーグ制覇に大きく貢献したレスター・シティFW岡崎慎司だが、来季はポジション争いに巻き込まれる可能性が高そうだ。

来季はチャンピオンズリーグにも参戦するレスターは、2つのコンペティションに対応するためにも選手の補強が欠かせない。これまでも様々な選手の補強が噂されたが、伊『Gazzetta dello Sport』はクラブのオーナーを務めるバイチャイ・スリバッダナプラバ氏が最低でも3選手の獲得を予定していると報じた。

レスターの考えでは現戦力を最大限維持するとともにDF、MF、FWに最低でも1人ずつ新戦力を加えたい考えで、そうなれば岡崎にライバルが現れるのは確実だ。今季のレスターはセンターバックのウェス・モーガン、ロベルト・フート、ボランチのエンゴロ・カンテ、ダニー・ドリンクウォーター、そして岡崎とコンビを組むバーディがフル稼働してきたため、彼らの負担を軽減する選手は必要だ。

また、同オーナーは新スタジアムの建設も検討しているという。新たに建設しない場合は現在のスタジアムを拡大したい考えで、同メディアは収容人数が1万人ほど増えると伝えている。

今季のリーグ制覇はクラブが大きく飛躍するためのチャンスで、本当の戦いはここからだ。岡崎はその波に乗れるのか。岡崎としても来季は重要なシーズンとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月9日(月)22時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報