ここから本文です

“母の日仕様”のマリナーズ・岩隈、5回3失点も敗戦投手に…青木は今日も1安打

ベースボールキング 5月9日(月)11時15分配信

○ アストロズ 5 - 1 マリナーズ ●
<現地時間5月8日 ミニッツメイド・パーク>

 マリナーズの岩隈久志は現地時間5月8日(日本時間9日)、敵地でのアストロズ戦で先発登板。5回までに8つの三振を奪い、7安打で3失点と粘りの投球を見せたが、チームは敗れて今シーズン4敗目を喫した。

 前回登板で今シーズン初勝利を挙げた岩隈。この日はピンクのアンダーシャツにピンクのスパイクという“母の日仕様”の装いでマウンドに登った。

 初回は三者凡退で上々の立ち上がりを見せるも、2回裏に二死まではかんたんに取りながら、6番・バルブエナと7番のホワイトに連続で二塁打を浴びて1点。先制点を与える。

 3回には一死からアルテューベに内野安打を許すと、二盗、三盗と進塁を許して二死三塁のピンチ。さらにコレアに四球を与え、二盗を許して二死ながら二、三塁となると、ここで4番のラスマスが2ストライクからセーフティスクイズを敢行。意表を突かれた岩隈がこの打球を処理するも、一塁はセーフ。

 奇襲により1点を失った岩隈は、続くゴンザレスにも安打を許してこの回2失点。0-3とリードを広げられた。

 それでも4回は先頭に二塁打を浴びながら、すべてのアウトを三振で奪って無失点。5回も二死から二塁打を浴び、暴投で三塁まで進めながら踏ん張って無失点。この回までで球数が98球を数え、5回3失点でマウンドを降りた。

 また、青木宣親はこの日も「1番・左翼」で先発出場。5回の第3打席で左安を放ち、この日は4打数1安打。2試合連続で安打を記録し、打率を.228としている。

 試合はマリナーズが絶好調・カノの一発で1点を返すも、7回に守備の乱れから2点を失って万事休す。1-5で敗れた。敗戦投手となった岩隈は今シーズンの成績を1勝4敗、防御率4.19としている。

BASEBALL KING

最終更新:5月9日(月)11時16分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)