ここから本文です

広島OBの北別府氏、苦しい先発事情に「手伝いに行こうかと思うほどの緊急事態」

ベースボールキング 5月9日(月)14時0分配信

 プロ野球解説者で現役時代広島のエースとして活躍した北別府学氏が8日、「投手陣、緊急事態!」というタイトルで自身のブログを更新した。

 広島は前カードのDeNA戦で、1勝2敗と負け越し。初戦に先発したルーキーの横山弘樹が、3回4失点でノックアウト。翌7日はリーグ最多の4勝をマークする黒田博樹が4回3失点で降板し、8日に頸部の神経根症と右肩痛のため、一軍登録を抹消した。さらに、3戦目に先発した福井優也は4回途中5失点で降板。4月24日の阪神戦から3試合連続でノックアウトとなり福井は、二軍落ちが濃厚。現状の広島先発陣は、台所事情が厳しい。

 北別府氏は「福井は結果が出せず、二軍へ。故障の黒田が安心して治療、調整できるよう投手陣が一つになり踏ん張らねばならないのですがね」と綴り、「上位にいるチームの先発が何て事でしょうか。私が手伝いに行こうかと思うほどの緊急事態です」と広島の先発陣を心配した。

BASEBALL KING

最終更新:5月9日(月)14時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。