ここから本文です

地酒持ち込み制限の対応に苦心 JRのルール厳格化で金沢駅内の土産店など

北國新聞社 5月9日(月)16時25分配信

 JR西日本などがゴールデンウイーク前に可燃性の高い品の車内持ち込みを厳格化したことを受け、金沢駅内の土産店などは地酒をまとめ買いする観光客への対応に苦心している。店頭では、持ち込みの上限となる2リットルを超えて購入する客に声を掛け、配送を勧めるなどの対応にあたっている。ただ、JR西日本は荷物検査を行わず、周知不足もあって、知らずに「違反」している客もいるとみられる。

 持ち込み制限が厳格化された可燃性液体のうち、酒類や化粧品、医薬品は、原則2キロか2リットル以内となった。昨年6月、東海道新幹線の車内で乗客がガソリンで焼身自殺し、別の乗客が巻き添えで死亡した事件を機に、JR各社が車内の安全確保へ4月28日からルールを改正した。

北國新聞社

最終更新:5月9日(月)16時25分

北國新聞社