ここから本文です

ポルシェAG、プロのレーシングドライバーを目指す若手育成プログラムへの募集開始

オートックワン 5月9日(月)16時44分配信

ポルシェAG(ドイツ・シュトゥットガルト)では、モータースポーツにおける若手の人材育成に注力している。

このニュースのフォトギャラリー

1997年以来、ポルシェでは、才能のある若手をプロのレーシングドライバーとして育成しており、ワンメイクレースシリーズでポルシェジュニアとしてサポートを受けた19名全員がプロの仲間入りを果たしている。

プロのレーシングドライバーを志す若いドライバーは、オンラインでこの若手育成プログラムに応募することができ、今年の応募受付は5月1日に開始した。

今回の応募者は、1995年1月1日~1999年2月28日に生まれた者で、ツーリングカーシリーズとシングルシーターシリーズの両方またはいずれか一方への参加を証明できなければならない。

さらにポルシェカレラカップ、ポルシェGT3カップチャレンジ、またはそれ以上のレベルのGTシリーズにおいて、フルシーズンの参加経験がなく、今年は3レースを超えた出場経験がないことが条件となる。

応募した若手ドライバーは、2段階の選考プロセスに参加し、ドライビングに必要とされる体力テストと耐久力について徹底的にテストを受ける。その後、最終選考候補者には、ポルシェ911 GT3 Cupでドライビングテクニックを証明する機会が与えられる。そして最優秀の候補者はポルシェジュニアとして契約を締結して、ポルシェカレラカップ(ドイツ)に出場することになる。

このプログラムで選出されたジュニアには、15万ユーロの資金援助と、ポルシェワークスドライバーと同様のサポートが与えられる。体力テストやメディアトレーニング、スポンサーとの関わりといったジュニアドライバーとしての指導がプロキャリアのために用意され、指導者としてジュニアコーチも付く。

ティモ・ベルンハルト、マルク・リーブ、パトリック・ロング、ミカエル・クリステンセン、アール・バンバーなどの国際的な成功を収めているドライバーが、この魅力的な若手育成プログラムに参加して、現在はポルシェのワークスドライバーとして活躍している。

最終更新:5月9日(月)16時44分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。