ここから本文です

『ズートピア』がコナンを抜き、GWに圧倒的動員を獲得!

Movie Walker 5月10日(火)8時53分配信

GW最後の週末、5月7日・8日のランキングは新作2本がランクイン。初登場で3位を獲得した『64-ロクヨン-前編』は、319スクリーンで公開され、土日2日間で動員20万3703人、興収2億5727万1900円を記録し、好調な滑り出しとなった。

【写真を見る】2週間限定上映の『ROAD TO HiGH&LOW』が好発進!

昭和64年に起きた未解決の少女誘拐事件の真相に迫る主人公の奮闘を描いた本作。主演の佐藤浩市をはじめ、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、夏川結衣、永瀬正敏、吉岡秀隆、三浦友和などそうそうたる布陣が集結しており、まさに白熱した演技合戦が今回のヒットに繋がったといえるだろう。

同じく初登場でランクイン入りを果たした『ROAD TO HiGH&LOW』は6位に。「EXILE TRIBE」のメンバーが総出演している本作は、142スクリーンで公開され、土日2日間で動員9万2757人、興収1億2324万2600円を記録。岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)ら人気メンバーが登壇した初日舞台挨拶の模様が、全国の劇場でライブビューイングで上映され、多くのファンが劇場に詰めかけた。

一方、上位2作品にも先週から大きな変動が。ディズニーアニメ『ズートピア』が、公開3週目にして『名探偵コナン 純黒の悪夢』を抜き、首位の座に輝いた。GWに驚異的な盛り上がりを見せ、興行収入50億円達成にも迫る勢いだ。SNSを中心に良質な口コミも広がっており、再び着火したムーブメントでどこまで記録を伸ばし続けるだろうか?

また順位をひとつ落としたものの、2位にランクインした『名探偵コナン 純黒の悪夢』は、シリーズ最高の興行収入50億円を突破。同時にシリーズ累計600億円に到達したと発表された。そして3月5日に公開され、いまだ大ヒット公開中の『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』も興行収入40億円を突破し、新シリーズ最高興収を記録。幅広い層から支持される国民的人気アニメの力強さが際立つGWとなった。【トライワークス】

最終更新:5月10日(火)8時53分

Movie Walker