ここから本文です

【投資のヒント】決算後に目標株価が引き上げられた銘柄は

ZUU online 5月10日(火)19時0分配信

先々週から3月期決算企業の本決算発表が本格化していますが、決算発表後に目標株価を見直す動きもみられます。

そこで今回は決算集計速報PART2で取り上げた4月28日に決算を発表したTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に、決算発表後に目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。

そのなかで複数の目標株価の引き上げがみられたのが日本M&Aセンター <2127> とNTTドコモ <9437> で、日本M&Aセンターは2社が、そしてコンセンサス予想を上回る二桁増益の今期予想を発表したNTTドコモは4社が目標株価を引き上げています。

そのほか減益予想を発表した野村不動産ホールディングス <3231> でも1社が目標株価を引き上げています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:5月10日(火)19時0分

ZUU online

チャート

日本M&Aセンター2127
6220円、前日比-160円 - 9月26日 15時0分

チャート

NTTドコモ9437
2615.5円、前日比-1.5円 - 9月26日 15時0分

チャート

野村不動産ホールディングス3231
1713円、前日比-28円 - 9月26日 15時0分