ここから本文です

『エンド・オブ・ホワイトハウス』と『エンド・オブ・キングダム』の一挙上映会が開催決定!

Movie Walker 5月10日(火)17時0分配信

13年に公開され、“ホワイトハウス”が陥落するという設定の面白さと、ド迫力のアクションで世界的ヒットを飛ばした『エンド・オブ・ホワイトハウス』。その待望の続編となる『エンド・オブ・キングダム』が5月28日(土)より公開される。この度、本作の公開を記念して、前作『エンド・オブ・ホワイトハウス』と、続編『エンド・オブ・キングダム』の2作品一挙上映会が5月27日(金)に全国五大都市で開催されることが決定した。

【写真を見る】大統領&シークレットサービスの名コンビが再び活躍!

第1作『エンド・オブ・ホワイトハウス』で描かれたのは、とある事情でシークレットサービスの職を離れていたマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)が、アジア人テロリストグループに占拠されたホワイトハウスから、人質にとられたアッシャー大統領(アーロン・エッカート)を救出するためたった一人で潜入するという物語。命がけのミッションを成功させたことで、マイク・バニングはシークレットサービスの職に返り咲いていた。

そして続編『エンド・オブ・キングダム』で描かれるのは、前作から2年後の世界。イギリスの首相が不可解な死を遂げ、首都ロンドンで世界各国の首脳が集結する葬儀が執り行われることとなるが、各国首脳を狙ったロンドン同時多発テロが勃発する。数々の歴史的建造物が破壊され、犠牲者が続出する非常事態の中、大統領とマイクは前回の危機を乗り越え深まった絆でテロリズムに立ち向かう。

今回、この2作を連続して楽しむことができる上映会が開催されるのは、新宿バルト9(東京)、梅田ブルク7(大阪)、109シネマズ名古屋(名古屋)、T・ジョイ博多(福岡の)、ユナイテッド・シネマ札幌(札幌)の全国5劇場。ぜひこの機会に、両作の魅力を堪能してみてはいかが?【Movie Walker】

最終更新:5月10日(火)17時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。