ここから本文です

北朝鮮取材で国外追放のBBC記者、中国に到着

AFPBB News 5月10日(火)8時52分配信

(c)AFPBB News

【5月10日 AFP】英国放送協会(BBC)は9日、北朝鮮で取材していたBBC記者が同国当局に身柄を拘束され、8時間に及ぶ尋問を受けた後、国外追放処分を受けたと発表した。朝鮮労働党大会の直前の状況を伝えた報道が問題視されたという。

 BBCウェブサイトによると、ルパート・ウィングフィールドヘイズ(Rupert Wingfield-Hayes)東京特派員は6日、平壌(Pyongyang)の空港でBBC取材スタッフ2人と共に出国する直前に身柄を拘束され、8時間にわたって尋問された。訪問先の病院の信ぴょう性を疑う報道が問題視されたようだという。

 平壌で取材中の別のBBC記者によれば、ウィングフィールドヘイズ記者はホテルに連行され、治安当局の尋問を受けた後、声明に署名させられ、7日朝に解放されたという。

 中国の国営新華社(Xinhua)通信は、北朝鮮当局が9日に記者会見を開き、ウィングフィールドヘイズ記者について「DPRK(朝鮮民主主義人民共和国)の体制を攻撃し、客観的でない報道を行った」ため国外追放されたと発表した、と伝えている。

 ウィングフィールドヘイズ記者ら3人のBBC取材チームは、朝鮮労働党大会の開催に先立ち、ノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)受賞者らによる研究目的の北朝鮮訪問に同行して平壌入りしていた。

 映像は中国・北京(Beijing)の空港に到着したウィングフィールドヘイズ記者。(c)AFPBB News

最終更新:5月10日(火)8時52分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。