ここから本文です

ジャスティン・ビーバー、顔にタトゥーを入れる

ELLE ONLINE 5月10日(火)20時20分配信

先週末、インスタグラムに顔のアップのセルフィーを投稿したジャスティン・ビーバー。目の下には小さな十字架のタトゥーが! 雑誌『USウィークリー』によると5月6日(金)にニューヨークのタトゥーパーラーで友人とお揃いで入れたとか。担当したアーティストによると「神とともに人生の目的を探す旅路を表すもの」だそう。

今年初めのインタビューでも顔にタトゥーを入れることを考えていると話していたジャスティン。でも「40代か50代になってから。ちゃんとしたものを入れればクールになると思うよ。顔全体に入れるようなクレイジーなものでなければね」と語っていたそう。

どうやら予定よりも少し前倒しになったもよう。一説によると既に全身に50以上のタトゥーを入れているというジャスティン。そのなかには元カノのセレーナ・ゴメスらしき女の子の顔も! ジャスティンはインタビューでそのタトゥーについても説明、「これは元カノなんだ。影を入れて隠そうとしたんだけど、まだわかるよね」と語っていたそう。

今回のタトゥーをきっかけに顔タトゥーが本格解禁される可能性も大。とはいえ影で隠すなんてことにならないように、よく考えてから入れたほうがいいかもよ、ジャスティン!(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:5月10日(火)20時20分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。