ここから本文です

ブルーマングループがマカオ初上陸=大型IRヴェネチアンで今夏上演

マカオ新聞 5月10日(火)9時0分配信

 顔を青く塗った3人組の「ブルーマン」がサイエンス、コメディ、音楽、ビジュアルイフェクトを融合した独特のパフォーマンスを展開する人気ショー「ブルーマングループ」が今夏マカオに初上陸するとのこと。

 マカオ公演の日程は夏休みシーズンにあたる8月11日から28日まで(月曜休演)、会場はコタイ地区の大型IR(統合型リゾート)ヴェネチアンマカオ併設のヴェネチアンマカオシアター。鑑賞チケットの価格は380~880パタカ(日本円換算:約5150~1万1900円)で、6月18日までに火・水・木曜の公演チケットを購入した場合は2割引となる。

 ブルーマングループは1987年に米国ニューヨークでストリートパフォーマンスを始めたことがきっかけでブレイク。その後、米国及び世界15か国で上演され、25年間で3500万人の観衆を魅了したという。2007年12月から2009年11月、2010年4月から2012年3月まで東京・六本木で常設公演を行っていたことから、日本国内における知名度も高い作品だ。

 なお、ヴェネチアンマカオシアターでは7月22日から8月7日まで(月曜休演)同じくマカオ初上陸となるブロードウェイミュージカル「シュレック・ザ・ミュージカル」の上演を予定している。

最終更新:5月10日(火)9時9分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。