ここから本文です

6か国対抗メンバーずらり。スコットランド代表、来日予定メンバー発表。

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 5月10日(火)9時42分配信

 あざみの花を胸に付けた男たちは強力なスコッドでやって来る。
 27人のスコッドの合計キャップ数は731(ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズのキャップを持つ2人の2キャップを含む)。24人が2016年のシックスネーションズに出場した選手たちだ。6月に日本代表と対戦するスコットランド代表が5月9日に発表された。

今季トップリーグは8月26日開幕! 16チーム総当たりリーグで王者決定へ

 昨年のワールドカップで日本代表が唯一敗れた(10-45)相手は、ふたたび桜のジャージーをひねり潰すつもりでやって来る。2015年9月23日にグロスターでジャパンと対峙した先発メンバーがスコッドに11人(FW 7人、BK 4人)。途中出場メンバーも5人いる。ヴァーン・コッター監督は2試合のツアーに少数精鋭のメンバーで挑み、2019年のワールドカップのプール分けに影響を及ぼすワールドランキングで上位に浮上したい考えだ。
 同代表は今季のシックスネーションズで2勝、4位に終わったが、3敗のうち2試合は6点差の敗戦と秘めた力を示した。

 アラスデア・ディッキンソン、ロス・フォード、WPネルの3人は、今季のシックスネーションズの全5試合に揃ってフロントローを組んだ強力布陣。LOにはリッチー、ジョニーのグレイ兄弟がいる。ジョン・バークレイ、ジョン・ハーディーの両FLも、今季シックスネーションズで全試合先発したコンビ。
 BKでは、今季のシックスネーションズで大会の最優秀選手に選ばれたFBスチュアート・ホッグに注目だ。スピードもキレもあり強気。脅威の存在となるだろう。主将を務め、昨年のワールドカップでもジャパンを苦しめたSHグレイグ・レイドローの存在も大きい。抜群のリーダーシップと高いキック力を持つ。

 試合は第1テストが6月18日に豊田スタジアム(愛知)でおこなわれ、第2テストは6月25日に味の素スタジアム(東京)にて。迎え撃つ日本代表のスコッドは5月10日に発表される。

■スコットランド代表来日予定メンバー
【PR】アラスデア・ディッキンソン◎、WP・ネル◎、モリー・ロー、ロリー・サザランド
【HO】ロス・フォード◎、スチュアート・マキナリー、フレーザー・ブラウン○
【LO】ジョニー・グレイ◎、リッチー・グレイ○、ティム・スウィンソン
【BACK LOW】ジョン・バークレイ、デイヴィッド・デントン◎、ジョン・ハーディー◎、ジョシュ・ストラウス○、ライアン・ウィルソン◎

【SH】グレイグ・レイドロー◎、ヘンリー・ビアゴス
【SO】フィン・ラッセル◎、ルアリー・ジャクソン
【CTB】アレックス・ダンバー、ピーター・ホーン○、ダンカン・テイラー
【WTB】ダミアン・ホイランド、ショーン・マイトランド○、トミー・シーモア◎、ティム・ヴィサー
【FB】スチュアート・ホッグ◎

※名前のうしろの◎はRWC2015日本戦での先発。○は途中出場

最終更新:5月10日(火)10時1分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]