ここから本文です

フライブルク、1年でブンデスリーガ昇格 新興勢力に負けず優勝を決める

theWORLD(ザ・ワールド) 5月10日(火)7時10分配信

かつて矢野貴章も在籍

8日、ブンデスリーガ2部の第33節が行われ、フライブルクとハイデンハイムが対戦した。

試合はホームのフライブルクが2-0で勝利し、1試合を残して優勝を決めた。自動昇格はすでに決まっていたものの、優勝でのブンデスリーガ復帰にフライブルクの選手たちは喜びを爆発させている。チームを率いるクリスティアン・シュトライヒ監督も喜んでいるようだ。米『ESPN』がコメントを伝えている。

「夢が叶ったよ。11か月前、この夢を実現できると考えていた人々は少数だった。だからこそ喜びもひとしおだね」

昨季降格し、また2部には新興勢力であるRBライプツィヒなどもいたため、1年での1部復帰は難しいと考えられていたが、見事にその予想を覆している。ドイツ国内で高く評価されるシュトライヒ監督のチームは来季ブンデスリーガで輝くことができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)20時19分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]