ここから本文です

夫婦喧嘩は子どもにどんな影響が?夫婦喧嘩をしてしまったときはフォローは?

ベネッセ 教育情報サイト 5月10日(火)12時1分配信

夫婦喧嘩は、夫婦が意見を言い合え、生活の質を向上するためのひとつの手段として、ときに必要なもの。ですが、子どもの前で夫婦がお互いの不満を言い合うのは、子どもにとって不快であり、また子どもを不安にさせることでもあります。夫婦喧嘩を子どもの前ですることは、子どもにどんな影響をもたらすのでしょうか?

夫婦喧嘩は子どもにどんな影響が?

夫婦といってももともとは他人。一緒に暮らしたり、子どもを育てたりしていると、価値観の違いや意見の違いが出てきます。意見が違うことは必ずしも悪いことではありません。むしろ、お互いのことを見直したり、新しい発見や視点と出合うこともできます。それがもとで喧嘩をすることもあるかもしれませんが、意見を言い合うことで、お互いの関係や生活のクオリティを高める効果もあります。

しかし、罵るなど、不満をぶつけあう攻撃性の高い喧嘩の場合、どうでしょうか。一時的なものならば問題がないこともありますが、しばしば、それも子どもの前でとなると、子どもにも影響を与えます。子育てが始まると夫婦喧嘩が増えると言われています。不満をぶつけ合う攻撃性の高い夫婦喧嘩は子どもにどんな影響を与えるのでしょうか…。

◆緊張感と恐怖感によるストレス
腹痛や頭痛などの身体症状のほか、ひきこもりなどのコミュニケーション障害をもたらすことも。

◆不安による睡眠不足
子どもの睡眠不足は、成長ホルモンの分泌を妨げ、身長が伸びない、免疫力の低下などにつながることも。

◆自分を肯定できなくなる
自己否定的で心が弱い人間になってしまいがち。自暴自棄になってしまうことも。

◆人の顔色をうかがうようになる
気を遣い過ぎ、のびのびとした人間になれないことも。

両親が罵り合う様子は子どもを不安にさせ、精神的にも身体的にもよい影響を与えません。とはいえ、ぶつかりあうことはありますよね。もし喧嘩をしてしまいそうなときは、「子どもに見えないところで」を心がけて。子どもが犠牲にならないように気をつけてあげたいですね。

1/2ページ

最終更新:5月10日(火)12時36分

ベネッセ 教育情報サイト