ここから本文です

W杯組19名メンバー入りも…。日本代表、6月ツアースコッド発表会見

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 5月10日(火)19時38分配信

 日本ラグビー協会は、6月にカナダ代表、スコットランド代表と戦う日本代表のスコッド43名を発表。FL金正奎ら、現在アジアラグビーチャンピオンシップ(ARC)で戦っている選手や、サンウルブズ(国際リーグのスーパーラグビーに日本から参戦)のメンバーに加え、昨秋のワールドカップイングランド大会に登録された代表選手の19人もリストアップされた。もっとも正式にツアーに加わる30名程度は5月下旬に発表予定で、イングランドで話題を集めたFLリーチ マイケル、FB五郎丸歩らの招集可否は流動的だ。

6月の日本代表にW杯戦士19名! 帝京大SO松田力也など初選出!

 4年に1度あるワールドカップの自国大会を2019年に控え、6月11日に敵地バンクーバーでカナダ代表と、18、25日にはスコットランド代表と愛知・豊田スタジアム、東京・味の素スタジアムでそれぞれテストマッチ(国際間の真剣勝負)をおこなう。2016年度以降はジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ(HC)が着任予定も、現在はスーパーラグビーのハイランダーズを率いており、来日は今夏以降だ。6月は、サンウルブズのマーク・ハメットHCがジャパンのHC代行を担う。なお、現在おこなわれているARCでは、20歳以下日本代表を率いる中竹竜二がHC代行となっている。

 今回のメンバーは薫田真広・男子15人制日本代表ディレクター・オブ・ラグビー(DOR)とジョセフHCが中心となって選考。発表前日の5月9日には、薫田DOR、ジョセフHC、サンウルブズの田村誠ゼネラルマネージャー、ハメットHC代行、ジャパンにも加わるサンウルブズの田邉淳アシスタントコーチらがスカイプを使って最終ミーティングを開いた。

 10日、都内で会見があった。現在はニュージーランドにいるジョセフHCの意向は、「15年のメンバー(ワールドカップ組)が19年までやれるのかを観たい」というものだったと、薫田DORは明かす。38歳のLO大野均、34歳のNO8ホラニ龍コリニアシが入っていたのもその一環とされる。

 もっとも薫田DORは、「日本の選手は、昨年のワールドカップ、(国内の)トップリーグ、スーパーラグビー、これからの日本代表と、この9か月でお腹いっぱいのような生活を送っている状態だということ」と心境を吐露する。

 日本テレビでの中継が決まった3試合に向け、リーチや五郎丸といった人気選手はリストにこそ名前を入れた。もっとも、実際に6月のメンバーに加えるかどうかは「すべてはコンディション(次第)」と強調するほかない。

「冒頭でも話した通り、選手は9か月もプレーしていて、コンディションを整えるのに困惑している。『日本ラグビーにベストな状態で臨めるように、最善の努力をして欲しい』と伝えています。いま、新たなチャレンジをしている現状です。2019年に向け、選手のコンディションをベストに整えてゆく…その戦略を立てることが重要だと感じました。ARCのメンバーも入っている。彼らのモチベーションを考えても、個々のコンディションをチェックしてから発表したいという考えもあります」

 一方、国際経験を積ませたい有望な若手もリストアップ。所属先との調整を図り、大学選手権7連覇中の帝京大からはSO松田力也、前年度は16季ぶりに同4強入りを果たした大東大からはWTBホセア・サウマキをそれぞれリストアップした。

 ワールドカップ組では、かねて代表引退を表明していたLOトンプソン ルーク、スーパーラグビーはチーフスでのプレーにと申し出たPR山下裕史、今夏のオリンピックリオデジャネイロ大会に向け7人制に専念するWTB山田章仁らは選外となった。

 薫田DORと同席したハメットHC代行は、「私はジェイミー・ジョセフの代理として発言します」と断りを入れ、「参加できない選手の穴を埋めるメンバーがどれくらい戦えるのかを観るチャンス」と続ける。

「私の主な任務はサンウルブズの指揮で、それに時間を取られたところはあります。けれども当初から、セレクションは薫田さんとジョセフが責任をもっておこなうと聞いていました。私のほうからは、サンウルブズの選手の評価を薫田さんにお伝えしました。薫田さんは、トップリーグの選手の力量を熟知しています」

 サンウルブズのメンバーに新顔を混ぜ合わせ、国民が期待するゲームに挑む。

(文:向 風見也)

最終更新:5月10日(火)19時54分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)