ここから本文です

水星の太陽面通過を観測、100年に13回の天体ショー

AFPBB News 5月10日(火)10時44分配信

(c)AFPBB News

【5月10日 AFP】9日、太陽と水星と地球が1列に並ぶ非常に珍しい現象が観測された。この現象は100年に十数回しか起こらないという。

 水星は太陽上に少しずつ動く黒い点として現れ、この世紀の天体ショーは7時間半ほど続いた。

 太陽系の最も小さな惑星である水星は88日かけて太陽の周りを公転し、116日に1回の割合で地球と太陽の間を通過する。

 だが、水星と地球の太陽周回軌道には傾きがあるため、太陽・水星・地球が一直線に並ぶこの現象は100年に13回しか起こらないという。天文愛好家たちは数千万キロメートル離れた水星の観察を大いに楽しんだ。(c)AFPBB News

最終更新:5月11日(水)16時33分

AFPBB News