ここから本文です

ダイハツ 新型「ブーン」28.0km/Lの低燃費を実現【話題の新型車を写真でチェック!】

オートックワン 5月10日(火)14時0分配信

ダイハツ新型「ブーン」は、ガソリンエンジン登録車No.1の低燃費と求めやすい価格で4月12日より販売開始された。エンジンは1,000cc 1KR-FEエンジンを搭載し、「e:Sテクノロジー」採用することで28.0km/L(JC08モード)の低燃費を実現している。

>>写真135枚で新型「ブーン」を見る!

プラットフォームを大幅改良。「軽量高剛性ボディ」を採用し室内の広さや基本性能を向上させた。さらに軽で培った効率的なパッケージング技術をとりいれることで、室内空間の拡大・安心感/安定感のあるデザイン・基本性能が進化した。

また、「Dサスペンション」を採用し、街乗りでのフラットな乗り心地や安心感のある走りや、高いフィット性とホールド性を両立した新シート構造で快適なドライビングも実現している。

さらに今回のフルモデルチェンジでは、ダイハツが軽自動車で得意とする2フェイス戦略を小型車でも採用。上級グレードとなる「ブーン シルク」を新たに設定した。

最終更新:5月10日(火)14時0分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]