ここから本文です

富士山どっち? 見える方向わかるサービス海外版も登場 JAL

乗りものニュース 5月10日(火)16時3分配信

路線と時間帯を選ぶと、富士山の方向が

 JAL(日本航空)は2016年5月9日(月)、すでに国内線ウェブサイトで公開している「富士山どっち?」を海外版ウェブサイトでも公開したと発表しました。

 このサービスでは、出発地と到着地、時間帯を選択すると、富士山の見える方向がわかります。

 サイトでは「よくある質問」として、羽田空港を出発して西に向かうルートが6つあることや、富士山の真上を通るルートの場合は富士山が見えないこと、富士山以外に見える景色についてなども紹介されています。

 なお、「富士山どっち?」はスマートフォン向けの「JALアプリ」からも利用できます。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月10日(火)16時41分

乗りものニュース