ここから本文です

トヨタ「カローラ」にスポーティ&スタイリッシュな特別仕様車が登場

オートックワン 5月10日(火)15時24分配信

トヨタは、「カローラフィールダー」と「カローラアクシオ」に特別仕様車を設定し、5月10日より発売した。  

<<もっと写真を見る>>

カローラは、日本での本格的な量産型小型大衆車として1966年に誕生し、今年で50年を迎える。誕生以来、海外にも展開し、販売累計台数4,300万台を超えるベストセラーカーとなった。

トヨタは初代カローラ開発主査の長谷川龍雄氏が開発陣に伝えたメッセージ「地球人の幸福と福祉のためのカローラを」を念頭に、これからも時代の変化に応じて進化を続けるクルマとしてカローラを提供していく。

カローラフィールダー 特別仕様車“+Red”

カローラフィールダー「HYBRID G」および「G」をそれぞれベースとした特別仕様車“+Red(プラスレッド)”は、内外装の各所に「赤」を挿すことで、スポーティかつおしゃれなデザインとした。また、スマートエントリー&スタートシステムを特別装備するなど、機能も充実させた。

・フロントロアグリルをドットパターンとし、赤のラインを配したほか、Bi-Beam LEDヘッドランプを特別装備することで、スタイリッシュなフロントマスクを実現

・フロントシートにはファブリックと合成皮革とをコンビネーションさせたシート表皮のスポーツシートを設定。また、合成皮革のセンターコンソールボックスとシートに赤のステッチを施すことで、スポーティさを付与した

・シフトノブは本革巻きでピアノブラック加飾をし、ステアリングには赤のステッチを施した。また、サイドレジスターリングやメーターに赤の加飾を加え、おしゃれな室内空間を創出している

・外板色はホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、ブラックマイカの3色を設定した

カローラアクシオ 特別仕様車 “W×B”

カローラアクシオ「HYBRID G」および「G」をそれぞれベースとした特別仕様車“W×B(ダブルバイビー)”は、内外装にカローラフィールダーで好評の、「黒」を基調に「白」を挿し色としたスタイリッシュな“W×B”の専用意匠を採用。スマートエントリー&スタートシステムを特別装備するなど、機能も充実させた。

・フロントアッパーグリルをスモーク塗装とメッキ加飾し、フロントロアグリルをドットパターン(メッキ加飾)としたほか、Bi-Beam LED+LEDクリアランスランプ(ブラックエクステション)のヘッドランプや16インチのタイヤ&アルミホイール(4WDは15インチ)を特別装備することで、スタイリッシュなイメージを付与している

・フロントシートにはファブリックと合成皮革コンビネーションのシート表皮にホワイトステッチを施したスポーツシートを設定。合成皮革のセンターコンソールボックスとシートにホワイトのステッチを施した

・ステアリングとシフトノブはピアノブラック加飾の本革巻きとし、ステアリングにはさらにホワイトステッチを施している。また、サイドレジスターベゼルやインサイドドアハンドルベゼル、パワーウインドゥスイッチベースにピアノブラック加飾をし、スタイリッシュな室内空間を創出した

・外板色は特別設定色のクールボルドーガラスフレークのほか、ブラックマイカ、ホワイトパールクリスタルシャインの3色を設定

最終更新:5月10日(火)15時24分

オートックワン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。