ここから本文です

日ハム大谷、自身初“3戦連発”なるか 登板から中1日の野手起用は打率.316

Full-Count 5月10日(火)14時1分配信

投手で苦戦も野手で好調キープ、現在2試合連続本塁打の二刀流右腕

 日本ハムの大谷翔平投手が10日からのオリックス2連戦(東京ドーム)で野手として出場する。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 2勝目を狙った8日の西武戦(西武プリンスドーム)では勝負所でのコントロールが甘く入り、6回で自己ワーストタイの10安打4失点。1勝3敗、防御率3.02と本来の投球が出来てないが、野手では好調をキープしている。

「5番・DH」でスタメン出場した4、5日のソフトバンク戦(札幌ドーム)では2試合連発。早くも昨季に並ぶ5号となり、10日のオリックス戦(東京ドーム)では自身初の“3試合連発”がかかっている。

 立ちはだかるのがオリックス先発のディクソンだ。対日本ハム戦は4月12日(京セラドーム大阪)の試合で7回4失点で初黒星を喫したものの、14年は4勝1敗、防御率2.49、15年は3勝1敗、防御率1.38と相性がいい。大谷とは通算打率2割5分(12打数3安打)、5三振、2四球とアーチはない。チームが天敵とするディクソンから一発が飛び出すのか。

 西武戦の敗戦から中1日で野手起用となる。ここまで中1日で野手出場した試合は19打数6安打の打率.316と好成績をマークしている。

 大谷は「次の試合で勝てるように頑張るだけです」と意気込む。球場は左中間、右中間が本拠地・札幌ドームに比べて狭い東京ドーム。投手としての敗戦の悔しさもあるはずだ。21歳のバットに期待せざるを得ない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月10日(火)14時30分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]